もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 他力本願は無理?その後

<<   作成日時 : 2010/05/26 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5/22のエントリーで書いた、「ひととき 星空の下で」が復活していました。
どうやら、一時的なサーバー不調のようです。

しかし、サイト管理者様の都合で、いつ閉鎖されるか分かりませんから、リスクヘッジは必要です。
そのような意味で、良い機会でした。

これが、「ひととき 星空の下で」で得られるタカハシ1985年レチクルに対応した北極星の位置です。
画像

auのGPS携帯限定ですが、経緯度、高度などの付加情報も得られます。

これが使えないとなると、リアルタイムで北極星の位置を確認するには、「新型北極星方位角早見盤」を使うしかありませんでした。かなり、精度が悪そうですが、そもそもレチクルが対応期限を25年過ぎているので、精度は望めません。

それでも、多少でも精度向上を狙って、恒星時計算ソフトと北極星赤経をネットで探しまくりました。
で、見つけました恒星時時計「Clock Mate」
画像

経緯度を入れれば、その地点の恒星時をリアルタイムで得られます。
日本時間と恒星時を自宅でメモっておいて、現時での設置時間と北極星赤経から、北極星時角を計算すれば、
「ひととき 星空の下で」と同じ結果が得られる(と思う)。

従来通り、他力本願は継続しますが、携帯が使えない場所でも同様の精度で極軸設定ができるようになったので、撮影場所の幅が広がります。

本当によい勉強になりました。
ただ、恒星時計算は、「2010年以降は精度が落ちる」とう記述を結構みました。
「新型北極星方位角早見盤」も2010年までの対応になっています。
何故なのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
他力本願は無理?その後 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる