もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュートン鏡

<<   作成日時 : 2011/09/15 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2/15のエントリーで書いた足立鏡、もとの筒に戻してみました。

12cm fl.614mm(F5)を納める筒はアルミL型アングルを溶接、主鏡セルもアルミを切断したものです。
接眼部と斜鏡支柱は、かなりいい加減な作りです。
画像

しかも、ピント調整機構がありません。
どのような使い方をしていたのか、全く記憶がありません・・・。

適当に光軸を調整し、フラット画像を撮影してみました。
画像

周辺減光は結構少な目ですね。
これは、短径42mmという巨大な斜鏡を使っているからでしょう。
なぜ、このサイズだったのか、全く覚えていません・・・。

F5なので、コマ収差が酷くて鑑賞に耐えない画像しか得られないと思われますが、復活させて撮影していみたい衝動に駆られています。
最低限、ヘリコイドと赤道儀搭載用プレートが必要なので、悩み所です。
なぜなら、Astro-Tech 6" f/4 imaging Newtonianが$299、送料を入れても$450だからです。
どうしよう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
ニュートン鏡 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる