もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS オートガイド精度向上策

<<   作成日時 : 2011/11/14 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/5のエントリーで書いた課題があります。

既にいくつかの改題は対策を講じました。
肝心要のオードガイド精度向上策としてのバローレンス導入も、目処が立ちました。
画像


笠井のGideFinder-60はドローチューブ繰り出し長が約33mmで、Nexguideでの合焦位置は+8mm程度です。
前側に焦点が移動するバローレンズは、おそらく合焦しません。
ロングバローとショートバローのそれぞれの焦点移動がどちら側なのかが課題でしたが、ショートはおそらく後側!と判断して試してみました。
結果、後側に約8mm、都合+16mmの位置で合焦しました。
これは、同焦点アイピースを使った確認なので、まず間違いないでしょう。
これで、ガイド鏡は焦点距離480mmとなり、主鏡とほぼ同じ焦点距離となりました。

次は、パラメータの追い込みです。
検証のためのパラメータシートは作成済みなので、あとは実践で確認するのみです。
この時は、取りあえずバローレンズを使わずに検証してみるつもりです。
さて、どうなることやら・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
オートガイド精度向上策 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる