もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS バッテリー検証

<<   作成日時 : 2011/11/28 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

撮影途中でのバッテリー切れ、とてもイタイ経験でした。
「低温対策」をしていなかった僕のミス。
保温ケースなしで地面直置きでしたから・・・
当日は、−2度だったので当然の報いですね。

撮影データから推測される稼働時間は、概ね2.5時間。
負荷が650mAに対してバッテリー容量が7Ahなので、単純に9時間くらいは持つと思いこんでいました。
システムの構成はこうなっています。
画像


ネットで調べてみると、こんな記載を発見し検証してみました。
http://www.gbros.jp/JR1NNL/IDEA/battery/battery.htm

結果、理論的には気温0度で3.2Ah程度となり、消費電流の安全率1.3倍を考慮すると3.7時間で完全放電してしまうことになります。
ディープに放電が進むと、電圧も降下します。
NEXGUIDEは、12Vを6Vに降圧して使っているので、バッテリーが11V程度となると6Vを下回ってしまい、電圧不足で停止したものと推測されます。
そして、完全放電が近づきモータードライブも停止・・・。
そんな挙動をしていたのでしょう。

さて、ではどうするか?
現在使っているSG−1000(7Ah)では、気温25℃でも5時間が限界ですから、どんなに気温対策をしても冬は朝を迎えられません。

取りあえず、NEXGUIDE用の降圧回路の出力を7Vに変更しました。
これで、完全放電前に電圧降下で停止することは回避できると思われます。
添付品の乾電池ケース(6V)も予備として持って行けば、より安心です。
あとは、放電時間をすこしでも伸ばす方策として、防寒ケースを用意します。

SG−3000(20Ah)だと、0℃で8時間程度は持ち堪えられそうなので、これを購入することを考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
バッテリー検証 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる