もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗視照明装置を作ってみた

<<   作成日時 : 2012/01/07 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Nexguideを使っていて手間取るのは、ガイド星の導入です。
一発で導入できないと、結構ストレスになります。

Nexguideを使う場合、
同焦点アイピースでガイド星を視野中央に導入し、
アイピースをNexguideに入れ替えて、
液晶画面でガイド星を確認
という流れでガイド星を確定させます。

しかし、これがなかなか一発で決まらないのです。
ボンドでアイピースに十字線を入れましたが、照明装置がないので、毎回一発では決まりません。
そこで、30年以上前に購入した(←良くでてくるフレーズ)ミザール製24.5mmバレルの暗視野照明装置付きのK12mmアイピースを改造してみました。
DC6Vの外部電源とケーブル付きLEDの変わりに、釣り具の「竿先ライト850円(テスト用電池付き)」を使いました。
画像

ガイド鏡にセットした状態
画像


K12mmでは視野が狭い場合には、従来から使っていた25mm同焦点アイピース(ボンド十字線入り)を使うので、「明視野」照明装置としても使えるようにしました。
画像


竿先ライト本体の重量は3.6g、連続点灯時間は60時間です。
このライトを、キャンピングマットで作ったアイピースカバーや鏡筒フードに差し込むだけです。
スイッチはありませんが、全く問題ありません・
また、差し込む深さを調節することで輝度調整ができます。
低消費電力、超軽量は工夫の幅を広げてくれますね。
これでガイド星を一発導入できるようになるでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
暗視照明装置を作ってみた もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる