もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 選択の幅

<<   作成日時 : 2012/02/13 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

自作望遠鏡での直焦点を始めてから、「購入」という選択肢も視野に入れていました。
でも、簡単に買える日本製品は選択肢が少ないですよね。

コストパフォーマンスからすれば、ニュートン式反射望遠鏡が一番ですが、とうして20cm以上しかないのでしょう?
15cmとか、12cmなどでF4〜F5のニュートンがあれば、頃良い焦点距離で使い易いと思うのですが・・・。
結局は、いまの日本は、高性能志向で「ニーズがない」ということなのでしょうね。

でも、自分にマッチした鏡筒はないものだろうか?と探すのも楽しいものです。
20cmだと、
VIXEN R200SS(F4)
笠井 GINJI-200FN(F4)
KENKO SE200N(F5)
くらいでしょうか?
しかし、身の丈に合わない「大型」です。

15cmだと、KENKO SE150N(F5)くらいしか見あたりません・・・。
ただ、ここまでくると、直焦点にはちと不安な構造です。

海外サイトで探してみると、15cmF4というニュートンがあります。
Astro-Tech 6" f/4 Imaging Newtonian Optical Tube $299
TS Optics 6" f/4 Imaging Newton Teleskop 299EUR
どちらも、同じOEM元で製造しているようですが、アメリカは売るだけ、ドイツは自社検品して販売、とサービス内容に差があるようです。

それ以外にも、F5とかF6とか、15cmでも選択肢が多いですね。

国内でも、個人輸入している方はいらっしゃるようですが、僕にはかなりハードルが高い。
トラブルが発生した際に、自己解決する自信と時間と語学力がないからです。

でも、救世主はいるものです。
ドイツのTS社の代理店である星見屋さん
は、製品そのものに2年保証がついています。
代理輸入もしてくれる海外屋さん
は、初期不良のみ返金等の対応をしてくれます。

どんなリスクを、どこまで回避したいか?
2社のリスク回避サービスには、大きな差がありますが、それだけの価格差もあります。
でも、商品の選択肢が広がるので、嬉しい限りです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、ももで〜す。
デジカメの性能も良くなってきて。
今は短めの焦点距離だと屈折の独壇場ですね。
軽いし、画面は平坦で、速写性も悪くないし。
中途半端なニュートンよりいいですよ。
長めになるとベーカーシュミット系かな?
もも
2012/02/14 18:47
そうですよね。
10cmの400ミリくらいの反射望遠鏡って
扱いやすそうであれば興味がわきそうです。

その焦点距離では屈折ばかりですからねぇ。
もりやす
2012/02/14 18:53
ももさん>
もりやすさん>
扱い安さなら圧倒的に屈折ですよね。でも、結構高額ですよね。
また、選択肢もボーグやタカハシくらいしかないような気がしますが、どうなんでしょうか?

国際光器で扱っているED65Qは、AstroTechやTSOpticsでも扱っていますね。こういう製品がもっと国内で流通すれば選択肢も広がると思うのですが・・・。
でも、屈折は製造段階での品質確保が難しそうだから、安易に海外製は買えないですね。
もっちゃん
2012/02/14 21:54
こんばんわ、ももで〜す。
ビクセンのEDも良さげです。
海外製品は怖くて・・・ですね。
もも
2012/02/14 22:24
そうそう、ビクセンを忘れていました(笑)。
よく考えたら、WOとか選択肢は結構ありますね、屈折は。
でも、レデューサなんかも必要でしょうから、やっぱり10万コース。
同じ10万なら、口径が大きいニュートンに傾いてしまう貧乏性です・・・。
もっちゃん
2012/02/14 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
選択の幅 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる