もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS AT6IN、ようやくファーストライト

<<   作成日時 : 2012/03/20 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

AT6INが到着して約1ヶ月、ようやく撮影に出かけられました。

仕事から戻り、夕食を済ませてから、のんびり出発。
場所は、いつもの松ヶ房ダム上流の駐車帯、寄せられていた雪もすっかり消えて、設置も楽々です。

とは言え、明るいイメージングニュートンに適した撮影対象に乏しい時間帯なので、南天と北東天で極軸設定精度の確認をしてみました。
5分程追尾しても、ほとんどズレがないので、修正せずに撮影を開始。

ファーストライトの対象は、ギャラット彗星。
付属の5cmファインダーは結構見えるので、案外簡単にで導入できました。
画像
AT6IN+自作コマコレクタ兼レデューサ(500mm、F3.3程度)
EOS40D(SEO-SP2)
ISO800 10分×4(恒星基準)
ダーク、フラット、フラットダーク有り
NEXGUIDE+GuideFinder60+2倍バロー
EXT:2048ms
aggressiveness:RA/DECとも60%程度


どうでしょう?
ピントはイマイチのような気がします。
コマ収差は多少カイゼンされていますが、まだまだ残存していますね。
各コマの星像は、まん丸ではなく、ちょっと△っぽいいです。
スケアリングのズレはあると思うけど、よく分かりません。

ガイドは、ちょっとエラーしているけど、以前に比べれば、イイ線行っています。
搭載システムを変え、赤経、赤緯ともにバランス取りをしたことが主要因だと思います。
これなら、ガイド鏡を大口径化しなくても良いかも・・・。

次は、うみへび座のM83銀河です。
これも、意外と短時間で導入完了。
画像
基本データは同上
ISO800 10分×4


流石に、500mmじゃ迫力ないですね・・・。
結構低空でしたが、今日は条件が良いみたいです。


さそり座の頭が見えてきました。
アンタレス周辺のガスを撮影してみたいのですが、まだまだ時間が早い。
導入のし易さで、しし座の銀河トリオを狙いました。
画像
基本データは同上
ISO800 5分×4


3時を過ぎて、アンタレス周辺のガスとM4球状星団にロックオン!
本当は8コマ撮影したのですが、最後のコマは鏡筒に触ってしまいガイドエラーとなりました。
画像
ISO800 10分×7


左側の星像が変ですね。
これはスケアリングのズレでしょうか?
光軸のズレが原因なのでしょうか?
画像処理が下手なので、取り敢えず軽めの強調で一端終了。

最後は、M8干潟星雲。
途中で薄明をなってしまいました・・・。
画像
ISO800 5分×1


AT6INのファーストライトは、成功でした。
「良好な星像を得られた」ということではなく、ガイドが概ね上手くいったので、「星像の状態を確認できた」ということ。
やっぱり、主鏡圧迫の確認と光軸調整の追い込みが必要ですね。
それと、より厳密なピント出しかな?

<追記>
ステライメージでフラット画像の周辺減光状況を確認しました。
画像

輝度の中心=光軸の中心なのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ファーストライト、おめでとうございます。
昨日は福島の北は良く晴れたようですね。私は南でしたが、北の方が良く晴れているのを「良いなー」と重いながら確認してました。星像はスケアリングの影響でしょうかね。中々安定しない筒鏡ですが、まあ追い込むしかないと思います。がんばってください。
sora-can
2012/03/20 23:09
sora-canさん>
コメント有り難うございます。
スケアリング問題は想定内ですが、具体的な対策としては、スケアリング補正機能付強化TマウントEOSを使うことくらいしか思いつきません。
楽しみながら、格闘してみます。
もっちゃん
2012/03/20 23:22
綺麗に撮影出来ましたね、コスパ 最高では無いですか! εも調整が悪いと同程度の星像になります。
けんちゃ
2012/03/20 23:48
けんちゃさん>
$299なので、コストパフォーマンスは、確かに最高!ですね。
でも、努力と忍耐、そして割り切りも必要そうです。
もっちゃん
2012/03/21 20:38
こんばんわ、ももで〜す。
わ〜さすがに明るい光学系ですね。
ピント合わせはどうやってますか?
光軸は画面上方になってるように見えますね。
恒星から出る光条はきっちり十字になったほうが見栄えがするような気がします。
もも
2012/03/21 20:56
ももさん>
おばんです。
ステライメージでフラット画像の周辺減光状況を確認したら、輝度の中心は左上方になっていました(後で、アップします)。
やっぱり、光軸と輝度中心は関係あるのではないかと思います。
スパーダーの光芒をキッチリ十字にするためには、ヤスリ掛け、もしくは穴開けが必要なのです。これは、画質が安定したらカイゼンする予定です。
もっちゃん
2012/03/21 21:26
こんばんわ、ももで〜す。
輝度よりも星の像が一番シャープなところが光軸でしょうね。
それが画面の真ん中になっていて、しかも四隅の星の流れとかボケの量が同じになっていればいいです。
もも
2012/03/21 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
AT6IN、ようやくファーストライト もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる