もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 接眼部の傾き調整

<<   作成日時 : 2012/12/23 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12/17エントリで書いた接眼部の傾きを調整で、暫定的に0.5mmの真鍮板を填め込みました。
本日、恒久措置をしました。

なんのことはない。
適当な大きなに真鍮板を加工しただけです。
画像


接眼部の中心は、斜鏡中心点(右のドット)とオフセットした時の中心点(左のドット)の間としました。
画像


この位置にした根拠はありません。
斜鏡中心点だと、主鏡側(右側)でケラレが発生するから、という程度の理由です。

星像で光軸を確認していないので、暫定的な調整状態ですが、フラットと撮ってみました。
画像


輝度分布を確認できる以外の意味はありませんが、光軸調整後はいつも確認してしまいます。
この「傾き調整」でスケアリングが大きくズレていたら、元に戻しますけどね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
接眼部の傾き調整 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる