もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS ポラリエで200mmガイド

<<   作成日時 : 2014/11/16 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

しし座流星群を観測に行けないので、自宅でポラリエのテストをしてみました。

お題は、ふたつ。
1.自作極軸望遠鏡で設置したら、200mmをガイドできるか?
2.その設置状態でのピリオディックモションはいか程?
ちなみに、ポラリエを設置した場所は道路脇の駐車場で、撮影中は5m脇を車が通過していきました。

まず、200mmのノータッチガイドです。
画像
EOS 7D + EF200mm f2.8 USM
ISO100/F4 5分
ポラリエ ノータッチガイド
ピクセル等倍切り出し

4枚撮影しましたが、これが一番良いカット。
一番悪いカットと並べてみると、これだけ違います。
画像

200%に拡大してみると、星が二重に映っています。

次に、ピリオディックモーションエラーの状態。
画像
EOS 7D + EF200mm f2.8 USM
ISO100/F4 10分
ポラリエ ノータッチガイド
ピクセル等倍切り出し


比較的、規則的なエラーなのは、軸のバランスをキチンと取っているからでしょうね。
ただ、最後の方で大きくズレています。

やっぱり、自作極軸望遠鏡を使っても200mは厳しいですね。
でも、200mmでこの程度のエラーなら、半分の100m程度までなら大丈夫そうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
もっちゃん様のポラリエは、けっこう精度の良い方ではないでしょうか。
私の物は250mmを45秒でも成功率50%程度でした。
厳密に言うと星が歪になっており『全滅』状態。
なので55mmに留めています。
紹介頂いた自作極軸望遠鏡のお陰で、このくらいなら100%成功します。
ecl
2014/11/17 21:35
eclさん>
おばんです。
アタリの固体かどうかは分かりませんが、テレスコ工作工房の雲台ベースで赤経軸のバランスが取れるようになったことが大きいのは確実です。
これによって、固体の性能が最大限引き出されていると思います。
もっちゃん
2014/11/17 23:07
こんばんわ、ももで〜す。
設計者の意図した使用方法がべストだとは思います〜
もも
2014/11/18 00:35
ポラリエをST4改造するとかはどうですか?
bin-star
2014/11/18 20:31
ももさん>
おばんです。
標準+自由雲台では、撮影できないアングルが多すぎるんですよね。イラつくくらい不自由です。
もっちゃん
2014/11/18 20:32
bin-starさん>
おばんです。
それは無理です、いや不要です。
NEXGUIDEを卒業したい気持ちはありますけど・・・。
もっちゃん
2014/11/18 22:40
こんばんわ、ももで〜す。
そもそも広角レンズでの撮影がデフォルトだと。
どこまで長い焦点距離で追尾できるかとかいうのは、その製品が前提としている使用方法を逸脱しているわけで〜

構図の問題には雲台の2段重ねが有効ですよ。
もも
2014/11/18 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
ポラリエで200mmガイド もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる