もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS フラット撮影用トレース台新調

<<   作成日時 : 2017/02/23 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

フラット撮影用にLEDトレース台を使ていますが、壊れました・・・。

2012年1月に購入
し、2014年12月に減光改造し、現在まで使っていましたが、LEDが数秒間隔で点滅するようになり廃棄処分です。

代替え品を用意しないと処理ができないので、ネット徘徊すると商品が溢れていて選ぶのに苦労しました。
思案した結果、次のような条件で選びました。
1.単体で多段階の調光可能であること
2.最低限、上下にLEDがセットしてあること(今までのは4辺)
3.極力、低照度であること(トレース台としては失格?)
結果、
JUNRUI® トレース台 6段階調光 A4 5000LUX 薄型8mm 拡散カバーで目に優しい 天板フルカバー付き LEDトレース台 (A4)
というものにしました。
仕様は、このようなもの。
画像
1.6段階調光
2.上下2辺
3.200ルクス
4.DC12V入力


200ルクスでも、ISO1600で1/125秒程度の露出となり、減光装置が必要です。
DC12V入力なので、今まで使っていたコネクタ形状では使えないので、変換ケーブルを改修しました。
併せて、K-ASTEKのM-GEN用昇圧ケーブルも使うことにしました。
画像


難点は、5Vモバイルバッテリを使った場合の消費電流が20mA程度のため、自動的に電源断となってしまうことですが、このエレコムのモバイルバッテリはその機能がないので回避できます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
減光措置を使った場合、最低照度で1秒から2秒でフラットが取れます。
もう少し減光したかったので、今まで使っていたトレーシングペーパーの束(何枚かは未確認)を介することで4秒から6秒でフラットが取れるようになりました。
もっちゃん
2017/02/26 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
フラット撮影用トレース台新調 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる