もうすぐ雪

画像

雪が降り出すと、思い出す魚がある。
アメマス、海で釣るためウミアメという俗称もある魚である。

12月から3月まで、冬の津軽海峡のポイントまで毎週末通った。
北西に面したサーフは、この時期は荒れやすい。
未明に起きる、辛くはない。
そして、竜飛崎の風向風速を電話案内で確認する。
「竜飛崎灯台、北西の風10m・・・・」
なんとかイケル!

現地に着くと、当然のごとく波が高い。
底荒れさえしてなければ、キャスト開始。
しかし、無情にも「釣り不能状態」のこともしばしば・・・。

3月になると、春めいてきてナギになることも多い。
しかも、大型が狙える格好の時期でもある。
画像

60cm、ひとつの壁だ。
2kg、もっと高い壁だった。
しかし、夢は叶った。
今となっては過去の記録であるが、自分にとっては人生最大の記録である。
おそらく、100cmのスズキを釣っても、あれほどの感動はないだろうと思う。

雪、強風、氷点下。
過酷な自然条件に逆らって、立ち向かう釣り。
アメマスという真のネイティブトラウト。
彼らは、もう海域を回遊している・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック