底はどうなっている?

川は、目に見える瀬と淵の繰り返しで形成されています
目に見えない川底は、柔らかい底と堅い底の繰り返し・・・

泥、砂、砂礫、砂利と底質は様々
泥底は流れが緩い
砂利底は流れが速い
いや、逆
流れの速さによって、底質は決まるのです

雄物川は泥底が多いのでが、以外と砂礫底や砂利底もあります
これは、実際にウェーディングしてみないと分からないこと

画像

下流域でも、バイカモ(梅花藻)が生えている場所があることをご存じでしょうか?
清冽で流れがある場所に生息するバイカモが、です
ルアーのフックに時々引っかかる、鮮やかな緑色をした水草を見たことがあるのでは?

当然、底質は砂礫です
よって、バイカモが生えている周辺は流れが早い
つまり、酸素量が多いから大型魚にとっては好条件・・・。

川を歩き回ると、色んな事が見えてきて、とても楽しいですよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック