ヒメボタルの宇宙~フィナーレ

また来年に楽しみは残しておきます・・・
なんて、昨日の朝に書いておきながら、未練タラタラ。
来年まで、やっぱり待てません!

とういう訳で、昨夜も安達太良山へ行ってきました。
そして、2台のカメラを1時間程度、ヒメボタルの宇宙に放置しました。

宇宙の広がり
画像
EOS 40D(RAW)
SIGMA 18-50mm f2.8 DC MACRO(18mm)
ISO1600 F2.8 10秒×275枚(比較明合成)
19:42:30~20:33:55


そして、宇宙の奥行き
画像
EOS 7D(mRAW)
Nikon Ai-S 50mm f1.4
ISO1600 F1.4 10秒×317枚(比較明合成)
19:44:06~20:42:06


ブナの原生林の中は、ヒメボタルの宇宙。
でも、前日よりは少なくなっていたので、今年はこれでフィナーレです。

この記事へのコメント

ふわり
2012年07月17日 22:12
こんばんは~
なんとも不思議な光景です~ きれいですね
ゲンジボタルの光跡はグリーンぽい色でヒョロ~ンという感じですが ヒメボタルはオレンジ色なんですね?
それが無数に森に浮いている やはり不思議な光景です~
3年目だったのですね? 探していた光景に出合えて良かったですね
佐藤俊彦
2012年07月17日 22:24
ぼくも昨日で終了とか宣言しながら、今週あと一回くらいと考え始めました。今年、これほどホタルにはまるとは思いもよりませんでした。ヒメボタルの宇宙、コトバになりませんね。圧巻です。脱帽。
もっちゃん
2012年07月17日 22:29
ふわりさん>
お久しぶりです。
ハイ、福島県民4年生です!
この森の光景、多くのネイティブ県民に見て頂き、福島の素晴らしさを再発見して欲しいと思っています。

ヒメボタルは、オレンジから黄色といった色合いだと思います。是非、一度行ってみてください。場所はとても分かりやすい場所ですから。
ギアベンドン
2012年07月17日 22:33
いつぞやお世話になりました大館の者です。
きれいですね~。
ブナ林の暗闇でひかる繊細で可憐な点滅、私も4年前にみたっきりなので、久しぶりに見たくなりました。弘前郊外近くでもみれる場所があるようですが、なにせピークを合わせて観に行くには、情報と通う根気が必要ですよね。
ほんと素晴らしい写真、ありがとうございます。
もっちゃん
2012年07月17日 22:59
佐藤さん>
ヒメボタル、是非来年はご一緒しましょう。7/14頃がピークだと思います。

ギアベンドンさん>
お久しぶりですね~。
釣り情報がなくて、申し訳ありません。
白神の赤石川上流にいるという情報を2年前にネットで見つけました。
私が思うに、標高700mから1000mまでのブナ林、特にカタクリが咲くような場所には、結構いるのではないか?と思っています。
けんちゃ
2012年07月17日 23:33
ヒメボタルの生態をネットで読んできました。
これは宇宙ですね、宮﨑 駿監督の映画みたい。

この記事へのトラックバック