テーマ:東北関東巨大地震

東北六魂祭の表側

近くに住んでいるのに見られない・・・。 それじゃ、納得できないでしょ? 昼飯後、近くのスーパーまで粒マスタードを買いに行くついでに祭を見てきました。 国道4号線沿いの歩道には、人が溢れていますが、通行できるスペースがあるだけマシですね。 このスペースさえあれば十分観覧できることは、青森ねぶた、秋田竿灯を夕涼みがてら見ていた経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染ですか・・・

フクイチ爆発から、そろそろ2年になります。 また、特番で瞬間的に話題になるのでしょうね・・・。 福島市でも序線が徐々に進んでいるようです。 除染意向調査がだいぶ前にきたけと、無視。 除染前の放射線量調査の連絡を来たので、本日測定して頂いた。 室内の空間線量;0.1μSV/h ベランダの排水溝スポット線量;0.3μSV…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コントラスト

震災から1年と1ヶ月経ちましたね。 3月11日には、どの局も震災1年特別番組を組みましたが、今は静かです。 その差と言ったら・・・。 本日の南相馬市原町区の海岸付近の様子です。 3年前、釣りの下見にきたことがあります。 津波被害で瓦礫だらけだった田んぼは、かなり綺麗になりました。 その瓦礫は海沿い移動されただけですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの場所へ

2011年3月11日、私はこの場所に居ました。 2012年3月11日、同じ時間に、別の思いでこの場所にやってきました。 大勢の方々も、鎮魂、復興、いろんな想いを抱いて、この場所にやってきました。 14時46分、黙祷・・・ お仕事、ご苦労様でした。 ゆっくり休んでください。 郡山市役所で1人、南三陸町役場で1人・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外な光景

警戒区域、 福島第1原発から20km圏内、 恐ろしげな表現ですね・・・。 今月某日の朝8時、よく見る光景です。 もう少し進むと、非日常の光景が見えてきました。 ここはJビレッジ前の交差点 福島第1原発から20kmの地点にある、検問所です。 この先は、定められた手続きにより通行を許可された車両しか立ち入り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我が家の放射線量

ガイガーカウンターを借用し、自宅周辺を実測してみました。 県が発表している福島市の放射線量は、概ね1.4μSV/hですが・・・。 自宅内は、概ね0.2μSV前後で変動しています。 ワンコも、ちょっと嫌そうに見えます・・・。 屋外はというと、 庭は2.2~3.4程度 アスファルトの駐車場は1.2~1.7程度 雨水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暁暗

先日行った相馬市玉野の暁暗の空には、アンドロメダなどの秋の星達がいました。 暁暗 明け方前の空が一番暗い 転じて、 今は真っ暗闇でも、明るい未来は近い 状況は決して楽観的ではありませんが、 最悪の事態は、既に過去のものとなっています。 万が一、更なる試練が訪れるとも、 学んだ私たちが怖がること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちを切り替えろ

3月11日の大震災と福島第一原発事故がトリガーとなって、人生のリズムがグチャグチャになりました。 このゴールデンウィークを機に、気持ちを切り替えたいと思います。 義母の引越が完了し、取りあえず人心地つきました。 ゴールデンウィークの中盤、久しぶりに土湯の女沼でノンビリしてきました。 折しも、大好きなカタクリが満開でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち向かう!

津波に破壊された宮城県東松島市野蒜周辺を見てきました。 悲惨な状況でした・・・。 義母を松島の自宅に送り届けたのですが、松島町内をちょっと走ると、陥没や地割れした道路が目立ちます。 海岸に面した公園も、護岸が陥没して浸水している場所がありました。 どうしても、野蒜へ行ってみたくなり、東に車を走らせました。 しばらくは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困ったものだ

「所詮、趣味の範囲のこと」であり、死活問題ではありません。 被災した方々からみれば、些細なことなのですが・・・。 僕にとって、生活、仕事、趣味は三位一体のもの。 どれかが大きく損なわれると、精神的なバランスが崩れ、負のスパイラルに入り込みます。 天体写真を再開して、1年ほどになりますが、そのメインフィールドは飯舘村周辺で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またかよ・・・

今日も、「あの席」に座っていました。 どうしてだろう? 3/11、某役所11階のソファーに座って居るときに大地震がやってきた。 4/11、同役所11階のソファーに座って居るときに地震が起こった。 またかよ・・・。 この建物、耐震診断でランクCと判定されていた。 3/11の震度5強(後から、震度6弱に訂正?)では、取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい歌だな~

地震から1ヶ月。 大変だけど、無理せずにガンバロー。 全国のみんなが応援してる だから、僕たちも宮城や岩手を応援しよう! 直接的な行動だけが支援じゃないと思う。 被災地のモノをひとつ買う、 根拠のない蔑視をしない、 ごくごく一部の心ない愚人の行動が、被災地を痛めつけています。 そのような行動をしないだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介在者

福島へ物資を提供して頂いた全国の皆様、本当に有り難うございます。 でも、被災地の方々に届いていない荷物が多々あるようです。 空港に到着したオニギリやパンは、腐って廃棄され、 平競輪場に届いた大量の物資は、かなりの期間放置され、 皆さんの善意は、必要とされる方には届かなかった。 福島の食材を購入して頂いた全国の皆様、とても感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数字のマジックか?

茨城県北茨城市の平潟漁協が検査用に採取したコウナゴから、1キロ当たり4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されました。 かなり、大きな数字のような気がしますが・・・。 正確に表記すると、ヨウ素131が4,080Bq/kg。 これは、放射性物質(ヨウ素131)がもつ「放射線を発する能力」。 3/16のエントリーで紹介した「うんち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害地支援

昼食中、秋田の釣り仲間からメール・・・。 困窮している生活物資提供の申し出でした。 秋田を離れて、ほぼ2年。 その間、一度も会っていませんし、コンタクトも少なくなっていたのに・・・・。 本当に、胸が熱くなるような心遣いでした。 でも、断ってしまったんですよね。 遠慮した訳ではありません。 どちらかと言えば、彼の方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康被害って言いますが・・・

役人という人種は、「絶対」という言葉を知らない。 それは、保身というリスク管理が第一だから・・・。 福島県放射線健康リスクアドバイザーによる講演会 「放射線と私たちの健康との関係」 が開催されました。 ラジオで一部を聴きましたが、とても解りやすく、安心感を与えてくれる「断言」に感動しました。 長崎大学大学院 山下教授、高村教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実は残酷だ

休暇をとって、多賀城経由で松島まで行ってきました。 国道4号線を北上、国道45号線へ右折、高砂を過ぎると「現実」が目の前に展開されていました・・・。 中野栄駅周辺の国道両脇には、津波に翻弄された車が整然と並べられていました。 一台一台に、「所有者は引き取ってください」という趣旨の張り紙がしてあります。 この災害にあって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松島へ

昨日、松島の義母が自宅に戻った。 そうなると、自宅の状況確認と心のケアを急ぐ必要がある・・・。 福島市内のガソリン事情は、回復の兆しが見えてきた。 原発問題は、考えても仕方ないし、見通しも立たない状況。 両方とも、自分たちの力で解決できることではない。 ならば、自分で出来ることをするのみ。 よって、明日は松島まで行って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理解しよう-放射線、放射性物質、放射能

放射線量の値に一喜一憂するのはバカバカしいので、自己判断できるように調べてみました。 物理の勉強も、現実に即せば、理解が進みますね。 詳細は、下記URLでじっくり読んでください。 僕の理解が間違っているかも知れないので・・・。 ■原発放射能の基礎知識 http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

情報の伝え方

災害に関する情報は、「求められる情報を、素早く、正確に発信する」ことが重要。 その通りだと思う。 でも、それだけじゃダメなんだ。 伝わらないんだ・・・。 僕は、テレビ、ラジオ、固定電話、携帯電話、インターネットが使える。 被災地から遠い家族や友人も、同じメディアが使えると思う。 でも、高齢者はどうだろう? 普通は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン問題

今日は、市内の結構多くのガソリンスタンドで給油が可能となっていました。 しかし、ガソリン入庫の情報は、尾ひれがついて、歪んで伝わっているようです。 国道4号線舟場町交差点から黒岩交差点までを走って、その現実を目の当たりにしました。 登り車線の2カ所のガソリンスタンドに長蛇の列。 一方、下り車線でも2カ所、列が出来ていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗原は片づいた

宮城県の栗原と松島に僕たちの親がいる。 地震当日、生存は確認できていましたが、その後の生活状況が確認できないまま・・・。 一昨日、松島の親が緊急避難していることが確認できた。 直接、話もできた。 今夜、栗原の親と電話が繋がり、地震後の生活状況も確認できた。 姉夫婦、仙台に住む姪の無事も確認できた。 これで、震度7だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不自由クッキング

集合住宅の給水タンクが空になって、今日で4日目? 断水となれば、節水が基本ですよね。 まず、風呂はなし。 トイレの水は、貯めておいた風呂水を使用。 最悪、目の前の阿武隈川の水を汲んでくれば済みます。 次は、食事や飲料水、並びに洗い物用の水。 まあ、口に入れず水ですね。 基本、料理には水を使いません。 すぐに買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生データ、その捉え方伝え方

本日21:00の放射線量率データです。 単位は「マイクロ」ですよ。 福島市 15.00μSv/h 郡山市  2.79μSv/h 白河市   3.20μSv/h 会津若松市  0.44μSv/h 南会津町  0.11μSv/h 南相馬市  3.54μSv/h いわき市  1.54μSv/h マスコミは、「通常の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大笑いナウ

久しぶりに大笑いしたよ。 「うんち・おならで例える原発解説」 Hachiya Kazuhikoさんの「つぶやき」で綴られています。 特に、最後の「つぶやき」が物事の本質を突いていると感じました。 http://togetter.com/li/111871 そして、chiichocoさんが漫画にしました。 この漫画を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二の波

3/11の激震により、沿岸部は大津波に舞われました。 未だに、安否が分からない岩手県の知人もいて、無事を祈るばかりです。 福島県には、地震そのものによる被害に加え、「第二の波」が忍び寄っています。 そうです、原発事故です・・・。 日々センセーショナルに報道し、東京電力を愚問で責め立てるマスコミには呆れるばかりですが、事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難所名簿共有サービス開始

Googleが被災地に避難所にいる方々の名簿を共有するサービスを開始しました。 http://googlejapan.blogspot.com/2011/03/blog-post_14.html 現在の主な掲載避難地域は次の通りです。 岩手県山田町 宮城県気仙沼市 宮城県南三陸町 宮城県石巻市 福島県三春町←大熊町 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出社して分かったこと

地震発生後、職場メンバーが全員揃いました。 各メンバー宅のライフライン確保状況を確認し、今後の行動について確認を行いました。 分かった事、それはコミュニティーの重要性です。 福島市内は、沿岸地域に比べれば、災害とまでは言えない状況。 断水している、ガソリンが買えない、食料が不足気味・・・ まあ、その程度で、生死に関わる状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一段落つきましたが・・・

宮城の両実家の親の生存は確認できましたが、その後の情報が途絶えています。 最低限の食が確保できていれば良いのですが・・・。 自宅がとうとう断水となりました。 福島市内は、地震直後から断水していたようですが、集合住宅はタンクがあるので、ほぼ1.5日は水には困りませんでした。 それが、用心深さの欠如に繋がり、飲料水の準備不足とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族の次は職場

地震発生時の夜(昨夜)には、職場のメンバー全員の無事が確認できた。 そして今朝、家族の無事が確認でき、災害の甚大さを鑑みれば、幸運だったと思う。 一段落ついたけど、携帯の電池が空となり、これからの連絡に支障をきたす・・・。 職場へ行き、携帯のACアダプタを確保しつつ、出社していた同僚と取りあえずの職場の安全確保を図る。 つい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more