テーマ:天体

連休中の星空

宇都宮転勤で慌ただしい4月を送っておりましたが、5/3に野田さんと秋元湖上流の撮影ポイントへ行ってきました。 宇都宮のマンションにインターネット環境が整い、ようやく写真をアップできます。 無計画で出かけたので、思い付きで撮影したしし座の足元。 EOS6D(HKIR)+WO Star71Ⅱ 髙橋90S+SS-ONEオー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年最高の星空

金曜の夜は、今年最高の星空が待っていました。 そうなれば、本命は超低空のオメガ星団です。 カメラレンズと望遠長の2パターンで狙います。 撮影場所での見え方は、こんな感じです。 ケンタウルスAもハッキリ写っています。 EOS 6D(HKIR改造)+EF100mm f2.8(F4) ポラリエ ノータッチガイド IS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彗星には縁があるみたい

前回の撮影がウイルタネン彗星とスバルのコラボ、約3か月後の今回が岩本彗星と勾玉星雲のコラボ。 GPV予報では、21時から曇るお告げでしたが、いつものダムに着くと快晴! FB友は既に撮影しています。 極軸を合わせ、バーティノフマスクでサクッとピントを合わせて撮影・・・。 オートガイドの調整が悪いので、ノータッチに切り替え。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天体写真撮影用の電源の事

3年前、天体写真撮影機材の電源を12Vバッテリから、モバイルバッテリに変更しました。 今回、応用範囲が広い機材を入手したので、モバイルバッテリの運用が多様化しそうです。 「モバイル電源あわせーる(昇圧コンバーター内蔵型)」という個人製作の商品です。 *現時点では、モニターテスト版が完売し正式版販売待ちです Ankerの10,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウイルタネン彗星46P、初撮影

よややく話題の彗星を撮影できました。 絶好の位置的には、絶好の日でした。 上弦の月があるので、ゆっくり出かけると、以前にご一緒になった岩沼の方がいらっしゃいました。 同業者の増えるのは、良いことです。 さて、撮影結果ですが・・・。 彗星は撮影パラメータ設定の判断も処理も難しいですね。 望遠鏡で。 EOS6D(H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の撮影

11/3、11/10と2週連続で撮影できました。 今年初の出来事です。 11/3は松ヶ房ダム。 M42を広範囲に捉えてみました。ちょっと構図ミスですね。 EOS6D(HKIR)+WO Star71Ⅱ ISO1600/5分×16枚(SI7コンポジット) ダーク補正/フラット補正 M45も構図ミス、もっと右に寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備忘録-DSSでのスタック事始め

ようやく、DSSでスタックした元画像から天体写真を仕上げることが出来ました。 なんと、キモはたった1点でした。 まずは、再処理して画像です。 <備忘録> 1.DSSでスタックが完了した際に自動保存されるAutosave.tif(32bits TIFF)を使う 2.Photoshopでイメージ/モード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の星空

先日の撮影時、ポラリエで放置撮影していた分の処理が終わりました。 DeepSkyStackerでのコンポジットは非常に楽なんだけど、ヒストグラムの幅が狭いし、色は乗ってないしで、後の処理をどうすればよいのか?という感じです。 カシオペア座 EOS60D(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ) EF-50mmF1.8 ST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WO Star71Ⅱと6D

ようやく改造6DをWO Star71Ⅱで使えました。 もう、離れられない・・・。 撮影に行ったのは、台風一過の先週末10/7。 一晩中、最高の透明度のもとで撮影できました。 ただ、風が強くガイドは荒れましたが。 天頂付近から撮影を開始した北アメリカ星雲。 EOS6D(HKIR)+WO Star71Ⅱ ISO16…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飯舘村の今

震災前に天体写真撮影地であった飯舘村を巡ってきました。 仮置きされている除染土が、中間貯蔵施設に搬入されていることから、状況を確認してきた次第。 先ずは、比曽地区。 いつも使っていた、比曽川沿いの小スペース(笑)。 未だに除染土が動いていませんね。 違い場所を改めて探すと、2か所の路側帯がありました。 東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HKIR改造EOS6Dのこと

WO Star71Ⅱを購入し、フルサイズで使いたくなりEOS6Dまで購入し、HKIR改造を施してもらいました。 晴れないので、検証というか6Dをツールとして確認してみたいことを確認してみた。 まずは、道具としての6Dのフラット画像。+EF-100mm f2.8を使いました。 ケラレがほぼ無いように見えます。 さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルセウス座流星群堪能

年々ぶりだろうか? ペルセウス座流星群で一晩を明かすのは・・・。 GPV天気予報では、最悪の曇天予報でした。 実際、土湯峠を登っていく途中は雲の中で、走るのが危険なほど。 スカイライン南斜面は、1400mラインですらガスが散在している・・・。 しかし、浄土平は晴天!最高の条件です。 野田さんが撮影している天文台奥まで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

WO71Ⅱ 再検証

前回は、レンズが曇ってしまい、性能を十分引き出せなかったので再検証してきました。 場所は、同じく浄土平。 ガイドが安定せず、多数枚を確保できませんでしたが、検証は出来ました。 ほぼ天頂に来た網状星雲(西側)付近です。 120秒、jpeg撮って出しをレベル調整しただけの画像です。 四隅の星像も、満足できるレベルで、懸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WO71Ⅱ画像、追加処理

失敗画像多発なのですが、使えそうなB級画像を選んでコンポジットしてみました。 まあ、今までよりは各段に良い感じですね。 EOS60D(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)+WO71Ⅱ ISO1600/8分×3枚
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新機材の性能確認

新しい撮影機材、屈折望遠鏡であるWilliamOptics New WOStar71 f4.9を買いました。 AT6INが反射望遠鏡600mmに対して、350mmという程よい焦点距離です。 後追いで買ったWilliamOptics新設計 バーティノフマスク フォーカシングマスクで、ビシッとピントを合わせて周辺星像を確認するハズで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに!新鏡筒

思案すること幾余年、とうとう買ってしまいましたね。 WilliamOptics New WOStar71 f4.9 4枚玉 逆光耐性も良いようです。 このピント位置のまま、月明かりがある曇り空を撮ってみました。 オート撮影→モノクロ化→レベルを64-128に圧縮 *街中なのでカブリがあります 周辺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年初の浄土平

翌日は休みなので、星景を撮りに浄土平へ行こう。 そう思って、野田さんをお誘いしたものの、GPVを見ながらグズグズしていたら、「快晴!」とFBに書き込みが入ったので出発。 天文台奥に到着してご挨拶。 空は、スッキリしないうえに光害がよりひどくなっている様子。 平日でも、車の往来が多少あり、そのハイビームに閉口・・・。 眠…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

紅屋峠の桜星景

今年は、伊達市・紅屋峠の桜に執着しています。 ここの桜は、「里親制度」で保全されており、それぞれの桜に、里親の想いが宿っています。 http://www.city.fukushima-date.lg.jp/soshiki/31/19065.html 「桜と天の川」の構図を思い描いていましたが、月齢との関係もあり諦めていました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

福島市ど真ん中

自宅マンションの11階非常階段から北天を撮影してみました。 引っ越し後の課題をようやくクリアした気分です。 信夫山上空の北天グルグル。 Fuji X-E1 + Samyang14mm f2.8 ISO400/F2.8/15秒 比較明合成 こんな街中でも、それなりに写るんですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅すぎたカノープス・チャレンジ

まあ、この時期となれば、薄明終了前の撮影となります。 突然、思い立った撮影です。 雲は関東までないし、PM2.5は清浄、「今日しかない」という感じ。 結局、低空に薄雲が出ていて撮影はできませんでした。 Fuji X-E1 + Rokkor 50mm f1.7 ISO800/F2.8/8秒 比較明合成 結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆れるくらい久しぶり

色々と理由はあるが、兎に角、呆れるくらい久しぶりに星空撮影に出かけました。 当初の目的は、箕輪山のハート残雪と星空とのコラボのロケハンでした。 こんな感じですねが、ハートを狙うなら、もう少し長いレンズとしたい。 でも、その時期には寂しい星空になっていそうですね。 Fuji X-E1 + Samyang14mm f2.8 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P-2赤道儀オーバーホール

1983年製のタカハシP-2赤道儀をオーバーホールしてもらいました。 購入後、ほとんど使わなかったうえ、2010年まで放置していた赤道儀です。 AMD-1を導入したものの、90S赤道儀一辺倒になってしまったので、ここ数年使っていません。 両軸とも、グリスが固くなって動きが渋いので、思い切ってオーバーホールしてもらいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠い星空と月の夜

5/20、今年初の裏磐梯方面での撮影です。 いつものダムは標高400m、秋元湖上流の撮影場所は800mです。 それでも当夜は眠たい空でした。 しかし、街灯もなく暗い場所で、一番のお気に入り。 さて、撮影対象ですが、直焦点はジョンソン彗星を2時間ちょっと。 まだ処理途中なので、4枚だけコンポジットした写真を。 AT…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

限りなく透明は夜-その3

画像処理に時間がかかるので、ぽつぽつアップしています。 たぶん最後になると思いますが、さそり座尾部です。 北緯37度48分のこの地では、結構厳しいエリアです。 Fuji X-E1 + MC ROKKOR-PF 50mm f1.7 ISO1600/F4/3分×16枚 低空は、黄色の光害と緑の大気光?があるので、彩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限りなく透明な夜-その2

5/2薄明極全に撮影した天の川は、ビックリするほどよく写っていました。 透明度が非常に良かったことが分かる写真です。 EOS 60D2号機(SEO-SP4) + Samyang14mm f2.8 ISO1600/f2.8/40秒 固定撮影 ジョンソン彗星を3分撮影したカットも処理してみました。 イオンテールが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

限りなく透明な夜

2か月ぶりにの直焦点撮影行、いつものダムです。 FaceBook繋がりのお二方が、すでに到着していました。 月が沈み、大きな雲の塊が過ぎ去った後には、限りなく透明な夜空が展開されました。 しかも、南天低空まで澄み渡り、人生最高のオメガ星団を観望することが出来ました。 何も考えず、星景的な構図としてしまいましたが、解像重視…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜と天の川

桜の満開具合、天候、そして休日が重ならないと撮影できない、桜と星のコラボ写真。 今年は、その偶然に恵まれ、4年前と同じ「塩ノ崎の大桜」を撮影してきました。 改造60Dで。 Canon 60D(SEO-SP4) + SIGMA 10mm FishEye f2.8 ISO1600/F2.8/40秒 固定撮影 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピントが甘い・・・

土曜日は、夜半から晴れ上がる見込みなので、夕食後に出かけました。 到着時は雲が多ったものの、月没と同時に快晴となり透明度が高い満点の星空! 気分最高です。 残念ながら、冬の星座達は西に傾いてしまい、赤い星雲とはお別れです。 ピント合わせに使っているピントエイドが不調で、数値検出しません。 しかたないので、バーティノフマ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オフセット斜鏡の効果

撮影できる天候と生活サイクルが合わず、生活サイクルを変えて撮影に出かけました。 GPV天気予報では、阿武隈山地に雲が居座る予報でしたが、外れることを期待して、いつものダムへ。 現着時は晴れ渡っていたのですが、ピント合わせをする頃には、ドン曇りとなり、一枚を撮影することなく移動を決意。 ちょっと南西の玉野は晴れている。どんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラット撮影用トレース台新調

フラット撮影用にLEDトレース台を使ていますが、壊れました・・・。 2012年1月に購入 し、2014年12月に減光改造し、現在まで使っていましたが、LEDが数秒間隔で点滅するようになり廃棄処分です。 代替え品を用意しないと処理ができないので、ネット徘徊すると商品が溢れていて選ぶのに苦労しました。 思案した結果、次のよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more