もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS Nikkor Ai50mm F1.4+マウントアダプタ

<<   作成日時 : 2010/09/05 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ヒメボタル撮影用に明るいレンズが欲しい。
開放F2以下が絶対条件。

そういえば、持ってました。
小学校6年のときに買ってもらったニコマートFTbの標準レンズ。

お盆の帰省の際に、カメラごと持ってきました。
30年以上使っていませんでしたが、非常に綺麗です。
取り敢えず、安いマウントアダプタを購入し星空を待ってテスト撮影です。
事前にライブビューでピント合わせして確認してましたが、F1.4開放はものすごいハロが出るし、解像しないし、使い物になりません。
しかし、F2だと僕的には星野写真には十分使えます。
画像
Nikkor Ai50mm F1.4(F2/120秒、プロソフトン)


PC環境が整っていないので、DPPで調整しただけです。
50mmの画角って、天の川には結構いいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい星像ですね。古いレンズでも馬鹿にできませんね。改造機だったら、きっとカラフルに発色したことでしょう。ぼくも50mmの画角が大好きです。標準ズームの50mmだと、ぼく的にはF3.5まで絞ってあげないと??という感じです。その点、シグマの50mm F1.4 DGは最新のデジタル設計だけあっていい感じ。やはりF2.0ぐらいからいい星像になります。色収差もあまり出ません。
佐藤俊彦
2010/09/05 23:09
ニコンは良いものづくりをしていますね。青ハロは仕方ありませんし、僕は結構好きです。
SIGMA18-50mmはカタボケが酷いのですが、佐藤さんはOS付きを買ったんですな?
もっちゃん
2010/09/05 23:29
ぼくのは最新の17-50mm F2.8のOS付きです。以前18-50mmも使っていましたが、広角側周辺部の流れがひどかったので、タムロンの17-50mm F2.8のVC付きに買い換えた経緯があります。居間から思えば、タムロンのこれが星像は最も良かったです。ただAFが遅く、屋内でダンスとかを撮ると追従してくれないことが多く、歩留まりが悪いので最新のシグマのそれにチェンジしました。ま、星は単焦点に限りますね。14mmと50mmは持っているので、あとは35mm。そろそろキャノンがAPS-C用の35mm F1.8を出してくれると思うのですが。ぼくも青ハロは気になりません。気になるほど出た場合は、丁度青ハロ消去専用のフィルターが天体用アクションツールにあるので、それで消去しています。
佐藤俊彦
2010/09/06 13:30
ホタル用にSIGMAの28mmから35mmが欲しいのですが、星に使えるかどうか気がかりです。最近、気になるのはSamyangの14mmと85mm。14mmは星には最適のようですが、まだ国内販売されてませんね。85mmは90mmF2.8と被るのですが、明るさは魅力的ですね。
もっちゃん
2010/09/06 19:30
もちろん個人の好みもありますが、ぼくの場合、50mmの次は200mm。100mm及び150mmのマクロレンズも持っていますが、どうも中途な半端な焦点距離に思え、50mmより長い焦点距離は200mmを使うことがほとんどです。キャノンのあの200mm、重量が軽いので70-200mmの最新ズームを買ったとしてもドナドナさせる気は全くありません。海外へ行くときなど便利ですしね。シグマの単焦点、古い設計のものは使い物になりません。究極を求めるのでなければ、どのメーカーのレンズでもいいから、F2.8通しの標準ズームでホタルも星景も十分まかなえると思っています。
佐藤俊彦
2010/09/06 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
Nikkor Ai50mm F1.4+マウントアダプタ もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる