もっちゃんの「ごだぐ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 画像処理プロセス再考

<<   作成日時 : 2011/11/23 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今まではカメラレンズオンリーだったので、PhotoshopCS2とLightroom3.5で処理してきました。
でも、反射望遠鏡の直焦点で撮影した画像の処理においては、限界が見えてきました。

そこで、ステライメージVer.6.5を導入しました。
目的は、主に次の処理です。
1.フラット処理
2.ホットピクセル処理
3.コンポジット
フラット処理だけなら、DNGで書き戻せるRAP2が良いのですが、その他の処理も行いたいので、まずはステライメージ導入としました。

ガイドブックを見ながら、フラット、ホットピクセルの下処理をして現像/画像処理、最後はLightroomでノイズ低減してみました。
画像
EOS40D(SEO-SP2)
D120mm/fl.612mm 自作反射望遠鏡
自作コマコレクター兼レデューサ使用 fl522mm/4.4
ISO800 5分


11/21エントリーで書いた「Nexguideパラメータ追い込み」で撮影したガイドミスの1枚です。
フラットは「なんとなく近い画像」を使ったのですが、僕的にはまずまずです。
キチンとした素材さえ撮影できれば、そこそこの成果を得られそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

撮影地付近のライブカメラ

松ヶ房ダム付近
箕輪スキー場付近
グランデコスキー場
塙町希望ヶ丘付近
画像処理プロセス再考 もっちゃんの「ごだぐ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる