ストラクチャー

サカナは地形変化を好む。
フィッシュイーターは、ストラクチャーに着いて狡猾にベイトを待つ。
ベイトは、ストラクチャーに身を隠す。
生存を掛けた戦いが繰り広げられるストラクチャー・・・。

画像

ここは雄物川最下流の雄物大橋からみた河口域。
橋周辺の左岸には、広大は岩盤が広がっている。
しかも、かなり複雑、最高のストラクチャーだ。

こんな場所が、雄物川には多数存在しているが、
その多くは水面下に隠れている。

しかし、渇水時には姿をさらけ出すこともある。
かといって、簡単に攻略できる訳ではない。
一番良いスポットにルアーを通すことは不可能な場合が多い。
画像


岩盤だけがストラクチャーではない。
複雑な流れが創り出す造形美、中州や馬の背。
そこにチャンネルが加わると、交差点が出来上がり一級ポイントとなり得る。
画像


川底は流れによって、長い年月をかけて削られる。
場所によっては堆積を生み、地形が創造される。
そして、魚を引き寄せる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヘンリー
2007年02月15日 22:17
こうやって川を見て、自分で魚の動きを
想像(想定)していくんですね。
そして立ち位置を決め、何処にキャストして何処でルアーをどのように動かすか・・

しかし、この写真綺麗だ!

この記事へのトラックバック